【失敗しない】韓国で暮らしやすいコシウォン/コシテルの探し方!.ZIP

【失敗しない】韓国で暮らしやすいコシウォン/コシテルの探し方!.ZIP

留学生の方の中には、最初は付属大学の寮や低価格な

コシウォン/コシテルに住もうとお探しの方も多いと思います。

そんな方に、読んで損なし!

参考になる失敗しないお部屋探しのコツをお話ししていきたいと思います。

こちらの記事では、

  • 学生寮の良いところ、悪いところ
  • コシウォンとコシテルの違い
  • コシウォン/コシテルの検索方法
  • 部屋探しでチェックすること
  • 部屋を見学する方法
  • 私が住んでいたコシテル

についてご紹介しています。

学生寮の良いところ、悪いところ

初めての一人暮らしだったので最初は、ちょっと家賃が高くても住みやすい建国大学の学生寮に入って慣れていこうという考えで、入居を決めました。

↓建国大学の学生寮はこんな感じ!↓

건국대학교
建国大学ホームページ

2人部屋の様子

건국대학교 쿨하우스
建国大学ホームページ

寮の良いところ

部屋自体は意外と広くて綺麗で住みやすいです!

また、

  • デスク
  • ベット( 収納あり)
  • クローゼット
  • ミニ冷蔵庫
  • シャワールーム

基本オプションでついているため、自分で家具などを買う必要がありません。

寮の悪いところ

  • ルームメートと相性が悪いと面倒くさい
  • 門限がある(外泊届なども提出する必要があります)
  • 部屋の整理整頓ができていないと減点
  • 洗濯機と乾燥機は有料で毎回お金がかかる
  • 食堂のメニューはあまり選らべず、口に合わないと大変

あとは、もともと一人でいる時間が好きな性格ということもありwwwww

6ヶ月の期間を経て、コシテルに引っ越しました♪

コシウォンとコシテルの違い

コシウォン

https://www.seoul.co.kr/

コシウォンの場合は、部屋にシャワールームがなく、ベッドとテーブルのみが配置されています。

また、トイレやお風呂場が共有の場合がほとんどです。

女性専用のコシウォンもありますが、コシテルに比べて、コシウォンに住む女性は少ないといわれています。

やはりコシウォンの利用者は大学生などが多いため、他人とプライバシーを共有するという点が不便に感じるみたいです。

コシテル

https://m.blog.naver.com/PostView.naver?isHttpsRedirect=true&blogId=kosirock2&logNo=221291541432

コシテルは、コシウォン+モーテル(ラブホテル)を融合させた言葉で、部屋の中にシャワールームがついています。そのため、コシウォンに比べると少々家賃が上がりますが学生に人気です。

ワンルームは、保証金が必要になり学生には負担があるため今も、コシテルに住んでいる学生が多いです。

また、最近は新築のきれいなコシテルが増え、女性専用のコシテルも多くなってきています。

コシウォン/コシテルの検索方法

ネイバーで『住みたい地域+コシテル』で検索

私は、「建国大学 コシテル」こんな感じで探しました!

すると、建国大学付近にあるコシテルが出てきます。

まず最初に、良さそうな場所をいくつかチョイス♪

部屋探しでチェックすること

チェックする項目は以下の通りになっています。

  • 位置
  • 部屋の収納
  • 窓の有無
  • エアコンの有無
  • 常備物
  • 女性専用のコシテルか?

細かく1ずつ説明していきたい思います♡

1.コシテルの位置

Storyset

コシテルは、ホームページなどでみる写真よりはるかに部屋が狭かったりするので実際に見て回るのをおすすめします!!

見学したいコシテルの位置をメモするかスクショしておくと、見学する際に効率よく回ることができます。

2. 部屋の収納

Storyset

これはとっても大切な部分で、ベットの下だったりクローゼットがあるかないかではすごく大きいです。

  • ベットの下に収納スペースがあるか
  • 棚や引き出しの収納が十分か
  • クローゼットがあるのか
  • スーツケースの保管スペースがあるのか

は必ず!確認してください♪

冬服や夏服を保管しておけるスペースや、冬布団や夏布団を収納できるとすごく便利です。

3. 窓の有無

Storyset

コシテルの部屋は、もともと小さいものなので、湿気や匂いが結構たまります。。。

なので、小さい窓があるだけでも部屋の喚起ができて便利です!

※窓がないコシテルも、多いので必ずチェックすべき項目だと思います♪

4. エアコンの有無

Storyset

コシテルのエアコンには大きく分けて2つのケースがあります。

  • 各部屋にエアコンがある
  • 階ごとに管理されていて給気口が各部屋にある

私は、必ず各部屋にエアコンがある部屋をおすすめします!

もちろん、夏場になって自由にエアコンを使えないと不便だし、なによりも階ごとに管理されていて給気口がある場合は、よく夏場にそこから『蚊が入ってきて苦労する』『蚊のせいで寝れなかった』という経験者の話もよく聞くので見学の際に必ずチェックしてください!

5.常備物

Storyset

多くのコシテルでは、袋のラーメンやご飯(お米)、キムチなどが無料で常備されています!

何が常備されているのかは各コシテルによって違うので知っておいたほうが得!!

6. 女性専用のコシテルか?

Storyset

コシテルはもともと、男女問わず住める場所ですが、

最近は一人暮らしの女性が安心して暮らせる『女性専用のコシテルが増えてきています。

私が知っている限り、韓国留学にくるのは大半が女性なので、その点は確認しておくといいと思います。

部屋を見学する方法

見学したいコシテルに着いたら、管理人室ががあるか確認します。

一度、ノックしてみて出てこなかったら管理人室の前に管理者の電話番号が書いてあったりするので

そちらに電話して

「クギョン ハゴシッポソ ワッスムニダ

(見学したくて来ました)」

と伝えると来てくれます!

見学する際見る部分は、上で紹介した通りですがもう一度確認していただいて、見学後に管理人に聞くことは

  • 空く予定の部屋があるのか
  • もし空いてる部屋があればいつから住めるのか
  • 部屋の予約は出来るのか

私が住んでいたコシテル

私のコシテルには、とにかく収納が沢山ありました!

テレビも、Wi-Fiもオプションでついていたので韓国の番組が見放題で通信代も浮きました♪

玄関の近くには、お掃除道具やトイレットペーパーなどを収納!

お手洗いも、シャワーが便座にかからないように

百均で突っ張り棒シャワーカーテンをかってきてちょこっと工夫しました。

まとめ

こんな感じで、いいところを選ぶと家が好きになれるし落ち着ける場所に

出来るので自分にあったコシテルを失敗無く選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA